日本乳酸菌学会

2022年度秋期セミナー  <   秋期セミナー  <  学術情報  <  HOME

2022年度秋期セミナー

 2022年度秋期セミナーの開催形式は、対面とオンライン(Zoom)のハイブリッド形式です(感染状況によっては、オンラインのみの開催となります)。

開催日2022年11月25日(金)
セミナー9:40~16:50、情報交換会16:50~18:00、ポスター発表会(仮題)18:00~19:00
会場東京農業大学 農大アカデミアセンター地下1階 横井講堂
オンラインはZoomを用いた遠隔会議システムにより実施
主催日本乳酸菌学会
共催東京農業大学食品安全研究センター、乳酸菌・腸内細菌分類・培養専門委員会
テーマ乳酸菌・ビフィズス菌をはじめとする食品微生物の安全性に関する考え方
概要 古くから積極的に食品に利用されてきている乳酸菌は、安全性に関する研究が十分に行われていないにも関わらず経験的に安全だと考えられています。一方で、食の安全性に関する考え方が厳しくなってきている昨今、従来通りの考え方が本当に適切であるのかどうか、今一度検討する必要があると考えられます。そこで本セミナーでは乳酸菌およびその他の食品の安全性研究に精通した先生方からご講演をいただき、ガイドラインが設定されていない乳酸菌・ビフィズス菌の安全性について参加者の皆様と一緒に考えていく場とする予定です。本セミナーが乳酸菌・ビフィズス菌の安全性、そしてその考え方に関する理解の一助となり、皆様の開発研究の発展に繋がることを期待しています。
 また、本秋期セミナーでは泊まり込みセミナー委員会の企画として学生・若手研究者を中心とした育成および交流活性化を目的としたポスター発表会(仮題)も開催いたします。こちらも是非ご参加ください。
 参加申込方法やアクセス方法などの詳しい情報に関しては、本学会のホームページを通じて随時掲載する予定です。
プログラム | 会場詳細 | 参加費・情報交換会 | お問い合わせ
プログラム

プログラム(予定)

9:40-9:50開会挨拶
五十君 靜信 (実行委員長 東京農業大学)
<教育講演>
9:50-10:30教育講演①
社会の安全・安心と科学者の役割
片倉 啓雄 (関西大学)
10:30-11:00教育講演②
機能を持った有用微生物を食品として用いる場合の安全性の考え方
五十君 靜信 (東京農業大学)
<通常講演>
11:00-11:40通常講演①
NITEが行う微生物の安全な利用に向けた情報提供について
市川 夏子 ((独)製品評価技術基盤機構(NITE))
11:40-12:40昼休憩
12:40-13:40ポスターフラッシュプレゼンテーション
13:40-13:50休憩
13:50-14:30通常講演②
欧州における食品微生物の安全性規制について(仮題)
鈴木 勝也 ((株)ヤクルト本社)
14:30-15:10通常講演③
酪酸菌製剤のヨーロッパにおける食品および飼料添加物への登録
岡 健太郎 (ミヤリサン製薬(株))
15:10-15:20休憩
15:20-16:00通常講演④
ビフィズス菌の安全性評価 ~GRAS申請など海外レギュレーションの観点から~
岩淵 紀介 (森永乳業(株))
<乳酸菌・腸内細菌分類・培養専門委員会特別講演>
16:00-16:40特別講演
微生物の分離・培養および分類
坂本 光央 (理化学研究所)
16:40-16:50閉会挨拶
片倉 啓雄 (日本乳酸菌学会会長 関西大学)
16:50-18:00情報交換会
18:00-19:00ポスター発表会 (仮題)

ページTOPへ

大会プログラム

会場へのアクセス

会場東京農業大学 農大アカデミアセンター地下1階 横井講堂
住所〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
備考会場へのアクセスは、下記のリンクをご参照ください。
東京農業大学 世田谷キャンパス、経堂駅から会場まで徒歩約20分です。

ページTOPへ

参加費 ・ 情報交換会

参加費・情報交換会

参加費:会員 4,000円、非会員 7,000円、学生(会員・非会員)無料
賛助会員様につきましては、1口につき1名を無料でご招待させていただきます。
招待券を郵送しますので、当日会場にお持ちください。
(オンラインでの参加をご希望の際は事務局までご連絡ください)
情報交換会:16:50~18:00、横井講堂のロビーにて開催します。飲食物の提供はありません。
情報交換会費は無料です。

ページTOPへ

大会事務局

お問合わせ

ご不明な点につきましては、実行委員会事務局までお問い合わせください。

秋期セミナー事務局
東京農業大学 応用生物科学部 食品安全健康学科 遠藤 明仁
E-mail: seminarjslab.jp
※迷惑メール防止のためを@に打ち変えてご使用ください。

ページTOPへ